ニキビ面だったころのトラウマから抜け出せないワタシ・・・

ニキビ面だったころのトラウマから抜け出せないワタシの体験談をしょうかい。
MENU

ニキビ面だったころのトラウマから抜け出せないワタシ・・・

ニキビ

 

10代の頃、ニキビ面だった私。
とくに、口のまわりにニキビの跡が残っていて、「おでこだったら前髪で隠せるのに…」といつも思っていました。
デパートに入ると1Fには美容部員がずらりと並んでお出迎え。その美容部員につかまると「ニキビのあとがありますね〜」と必ず言われるので、デパートの1Fは足早に通り過ぎるクセがつき、いいおばさんになった今でもそのくせが抜けません(苦笑)

 

そんな経験から、美容に興味を持つタイミングを逸し、友人と一緒に旅行に行くと、朝のお顔の準備に友人が30分かかるところ、私は10分。
基礎化粧品からなにもかも、世間の話題にはついていけません。

 

そんな私が唯一はまったのが、鼻パック(笑)
いちご鼻が気になって購入してみたところ…
はがした時の解放感!はがした後のパックをチェックした時の「ムフフ」という感覚。効果というか、結果が自分の目で確認できるのがなんともいえず、私の心をくすぐります。

 

でも、結果が確認できる、ということは、毛穴に汚れが詰まっている!ということ。
いちご鼻が自分の目で見てしっかりわかるということは、毛穴がパーンと開いている、ということ。

 

パックのリピーターとなっていますが、パックで結果を確認できる=まだ汚れが残っている ということになります。

 

そろそろ若いころのトラウマから抜け出して、根本的な解決方法を考えるべき、(美容部員に)相談すべき、だということは重々わかっているのですが…。
やっぱり今夜も鼻パックを取り出して、取れた汚れを見て喜ぶ自分がいます。

 

今月の目標は、鼻パックから顔全体のパックにすること。
さてさて、目標は達成されるかどうか…。

 

 

高校を卒業し、人暮らしになってから悩まされ始めた、ニキビ。

このページの先頭へ